サラサラ生活 健康ニュース
By 日本水産

あなたは大丈夫?40代の4人に1人(※1)が高いという血中中性脂肪の対策方法


あなたは大丈夫?血中中性脂肪が高くなってしまう原因とは?

今や40代の4人に1人(※1)は血中の中性脂肪値が高いと言われています。
(ちなみに40代男性では、2人に1人!)

そもそも、なぜ中性脂肪値は高くなってしまうのでしょうか?

それは、「食べすぎ」「甘いものや脂っこいものの摂り過ぎ」「お酒の飲み過ぎ」などの生活習慣に起因しています。 日々の生活の中で、仕事仲間や友人と外食や飲みに行くことがよくあるという方は多いのではないでしょうか。

一方で中性脂肪はこれといった自覚が無いため、普段は危険性に気づきにくいことでも知られています。そのため、日頃からの対策を先送りにしてなにもせずに放っておくと、蓋を開けたときに恐ろしいことになるかもしれません…

その様なことになってしまう前に、早めの血中中性脂肪対策をしておきたいですよね。

血中中性脂肪と青魚の関係とは?

あなたは「EPA」「DHA」という成分をご存じですか?
「EPA」「DHA」はイワシやサバなどの青魚に多く含まれるサラサラ成分で、血中の中性脂肪を低下させる作用があります。

「EPA」が最初に注目されたのは1960年代後半と歴史は古く、そのきっかけはイヌイットという民族の健康状態と食生活の研究からでした。

イヌイットは普段野菜を食べず、アザラシなどの肉を主食としているにも関わらず、他のヨーロッパ人よりも健康状態が良いと言われていました。
調査の結果、イヌイットが食べているアザラシはEPAを多く含む海の魚を主食としていることが分かり、「EPA」が注目されるようになりました。(※2)

また、「EPA」は摂取することで血中の中性脂肪を低下させるという研究結果も出ていることから積極的に摂りたい成分です。
しかし「EPA」は体内で作ることができない成分のため、食事から摂る必要があるのです。

健康維持には毎日7.5人前の◯◯◯を食べる必要が…

健康維持が期待できると言われているEPA・DHA摂取量は1日に900mg以上(※3)とされています。この量をお刺身で換算すると「マグロの赤身約7.5人前(※4,5)」となり、これを毎日食べ続ける必要があります。

それはさすがに難しいという方は、最近では手軽に「EPA」が摂れる健康食品なども多く出ています。

EPA研究35年以上!ニッスイ開発のEPA高含有トクホとは

「EPA」を日常生活で手軽に摂っていただきたい。そのような思いから、EPA研究を35年以上続けているニッスイが開発したのがEPA高含有トクホ『イマークS』です。

『イマークS』は、血中の中性脂肪を低下させる作用のあるEPA・DHAを1本あたり860mg含んだ特定保健用食品(トクホ)です。この量は前述の健康維持が期待できると言われているEPA・DHA摂取量900mg以上/日 (※3)の約95%に相当する量です。

また実際にヒト試験で1日1本を4~12週間飲み続けることで血中中性脂肪が約20%低下 (※6)する作用が認められています。ヨーグルト風味のドリンクタイプで手軽に血中中性脂肪対策が可能ということもあり、これまでに3,000万本の販売実績(※7)も!

既に『イマークS』をご愛飲している方々からは、

・「最初は半信半疑でしたが、自分には合ってる商品だって実感できたので続けていきたいと思います。(T.A様・48歳女性)」

・「インターネットで調べていたら出会って。イマークSは私にとって欠かせないものですね。(K.K様・38歳男性)」

というお声が!(※8,9,10,11)

『イマークS』は初めての方限定でお試し10本セットが、1,000円(税別)・送料無料でお試しいただけます。1本あたり100円(税別)で試すことができるのでお気軽に試してみてはいかがでしょうか?

思い立った今こそ、健康のために血中中性脂肪対策を始めてみませんか?

下記のアンケートに答えて、初回限定のお得なお知らせが!
この機会に参加してみてはいかがでしょうか?




【関与成分および栄養成分表示】1本(100ml)あたり
EPA 600mg DHA 260mg 熱量26kcal たんぱく質 0g 脂質2.6g 炭水化物0.5g ナトリウム65mg

【原材料名】
精製魚油(EPA・DHA含有)、乳化剤、酸味料、香料、酸化防止剤(チャ抽出物、ゴマ油抽出物、ビタミンE、ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、ステビア)・(原材料の一部に大豆を含む)
※1:厚生労働省 平成22年国民健康・栄養調査より当社算出
※2:Dyerberg J, et al. Lancet 1978;2:117-9
※3:参考:JPHC研究 Circulation.2006;113,195-202.
※4:1人前80g換算
※5:文部科学省食品成分データベース「くろまぐろ(赤身生)100gあたりのDHA/EPAの含有量」より算出
※6:血中中性脂肪値が120-200mg/dlを中心としたボランティア計101名(男性61名、女性40名)を対象とした試験結果
※7:2012年10月1日~2016年5月27日 出荷数 2016年6月自社調べ
※8:個人の感想です。血中中性脂肪低下作用には個人差があります。
※9:ご愛飲者様の年齢は取材当時のものです。
※10:食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
※11:適度な運動を心掛けましょう。

運営会社:日本水産株式会社